東京セカンドキャリアは、東京都が2018年度の事業で展開。都に在勤・在住している65歳以上のシニアを対象に、生涯現役について学び続ける場を設け、生きがいある生活とセカンドキャリアを見つけることを目的にスタートした事業。



112名の1期生を対象に、講師の高平ゆかり氏の授業の中で『学生スピーカー』として『大学とフリーランスで得た学びと続けられる理由』について講演をしました。

講演の中では、私がデジタルハリウッド大学に進学するきっかけになった出来事や進学後に行ってきた活動、私の周りの友人達が行っている活動を紹介。
参加した方々からは、「私達も負けないように頑張らなくてはいけないと思った」「大学生でも既に社会で活躍し、さまざまな知見に溢れている人がいてびっくりした。私達が大切にしている文化も伝えたい」などの感想をいただきました。

初めて自分の活動を人に教えたので、伝え方に戸惑いがありましたが、参加した方々が深く聞いてくださり、とても嬉しかったです。

当日のプレゼンテーション資料(一部)
Back to Top